恵比寿ランチ|恵比寿の地下にある「くいもの酒場 Rafu(羅府)」でがっつりランチ

恵比寿駅から通りを渡ったところにあるのが「くいもの酒場 Rafu(羅府)」です。表にはランチメニューがかけられており、お店に入るためには地下へと降りていくことになります。薄暗い雰囲気でドキドキするのですが、実際に入ってみると店内には活気が溢れています。

がっつり系のランチメニューが豊富!

くいもの酒場 Rafu(羅府)にはがっつり系のランチメニューが豊富です。特製マグロメンチカツやジャンボチキンカツ ラフ風といった揚げ物系のランチメニューだけではなく、自家製煮込みハンバーグやハヤシライス、和風サーロインステーキなどの定番メニューも用意されています。

基本的にどれもボリュームがあるのですが、その中でも少し毛色が違うかな?と思われるのが牛すじ煮込みです。酒場の牛すじ煮込みというと純和風のものを思い浮かべる方が多いかと思うのですが、くいもの酒場 Rafu(羅府)の牛すじ煮込みはどちらかというと洋風で、人によってはビーフシチューに近い感覚になるかもしれません。こういう酒場で洋風の牛すじ煮込みというだけでも結構珍しいのですが、これがまたご飯に合うのです。基本的にランチメニューはどれもご飯に合うものばかりで、がっつり食べることができます。

ただ、おかわりライスは80円になります、ライス大盛りであれば無料となっていますので、最初からがっつり食べる気でいるならライス大盛り無料にしておいたほうがお得でしょう。

愛煙家の方にとっては全面喫煙可が嬉しい!

くいもの酒場 Rafu(羅府)は嬉しいことに全面喫煙可となっています。そのため、ランチが運ばれてくる前の一服やランチを食べた後の一服も気兼ねなく楽しむことができます。ランチタイムには全面禁煙としているお店も多くなっていますので、全面喫煙可のくいもの酒場 Rafu(羅府)は愛煙家の方にとってはありがたいランチスポットです。

酒場らしい雰囲気で気取らないランチタイム

くいもの酒場 Rafu(羅府)の店内はそこまで広くありません。しかしながら、それがいかにも酒場という雰囲気を出しています。スーツを着たサラリーマンの方が多いのですが、基本的にいろんな業種職種の社会人の方がランチに来られるお店です。気取らずに、純粋にランチに集中できるようなお店ですので、いつでも気が向いたときに足を運ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA