恵比寿ランチ|話題のニュースター!「恵比寿のらぁめん冠尾」

恵比寿の西口に鶏白湯と鶏清湯のラーメンを出すお店が新しくできたということで話題になっているのが「らぁめん冠尾」です。鶏白湯のラーメンを提供するお店としては、恵比寿では初めてだと言われています。店内も綺麗で店主も今どきという恵比寿のらぁめん冠尾についてご紹介していきたいと思います。ちなみに、冠尾で「かむろ」と読むそうです。

国産で無添加&無化調で優しく体にしみわたる

恵比寿のらぁめん冠尾は、国産の素材にこだわっており、しかも無添加&無化調です。最近では国産の素材にこだわっているお店は結構見られるようになりましたが、ラーメン屋さんで無添加&無化調というのはなかなか珍しいのではないでしょうか。無添加&無化調だからこそ、優しい味が体にしみわたります。

鶏とは思えない濃厚さ

恵比寿のらぁめん冠尾は、鶏専門のラーメン店です。メインとなるのは、スープの透き通った鶏清湯ラーメンといかにも濃厚そうなスープの鶏白湯ラーメンです。一般的に鶏というのは、さっぱりとしたイメージを抱かせるものです。実際に、鶏専門ラーメン店ということで「あっさり」をイメージしている方も多いのではないでしょうか。濃厚というと、やはり豚骨のイメージがあります。しかしながら、らぁめん冠尾は鶏とは思えないほどの濃厚さが魅力でもあります。特に、鶏白湯ラーメンのほうはもはや豚骨ラーメンレベルの濃厚さです。実際に食べた方の中には、「鶏でここまでのスープが出来上がっているのを見たことがない」と感じる方も多いようです。濃厚な一品なのですが、お好みで味に変化を加えることもできますので、一品でいろいろな表情を楽しむことができます。

乗っている具材もハイレベル

恵比寿のらぁめん冠尾では、麺の上に乗っている具材も絶賛されています。特に、味玉を評価している方が多いようです。味付けもちょうどよく、半熟具合もちょうどいいのです。また、鶏肉のチャーシューも柔らかく、食べ応えのあるボリュームです。上に乗っている具材もひとつひとつ丁寧に味わっていきたいラーメンに仕上がっているといえるでしょう。一般的なラーメン屋さんでは具材がおまけのようになっているところも多いのですが、らぁめん冠尾では具材もラーメンそのものに負けないくらいのパンチを持っています。具材、麺、スープのバランスがいいからこそ、評判になっているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA